1.合ったほうがよさそげな物をインストール

# apt-get install wget bzip2 less


2.Postfixのインストール

sargeへのアップグレード中にエラーが出たeximは良くわからんので、MTAをPostfixに変更する。

[質] General type of configuration?
[答] Internet Site

[質] Where should mail for root go
[答] NONE

[質] Mail name?
[答] mydomain.com

[質] Other destinations to accept mail for? (blank for none)
[答] (defaultのまま)

[質] Force synchronous updates on mail queue?
[答] No

でインストール終了。次に設定ファイルの変更

# vi /etc/postfix/main.cf

----------
18行目の
mynetworks = 127.0.0.0/8
を
mynetworks = 127.0.0.0/8,192.168.5.0/24
に変更。および下記の行を追加。
home_mailbox = Maildir/
----------

最後にPostfixを再起動して終了。
# /etc/init.d/postfix restart

3.NTPのインストール

# apt-get install ntp ntpdate ntp-doc ntp-simple
# /etc/init.d/ntp-server stop
# vi /etc/ntp.conf
-----
server pool.ntp.org
の上の行に
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp
を追加する。
-----

# ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp
# /etc/init.d/ntp-server start

確認は以下のコマンドを使う。行頭に*が出るようになれば同期している。

# ntpq -pn

4.日本語化する

# apt-get install language-env

[質] Select locales to be generated.
[答] ja_JP.EUC-JPとja_JP.UTF-8を選択
[質] Which locale should be the default in the system environment?
[答] ja_JP.EUC-JP

次にrootから一般ユーザになって日本語環境をセットアップします。

# exit
$ user-ja-conf

下記以外の質問についてはデフォルトのままで。

[質] KANJI HENKAN NIHA DORE WO TSUKAI MASUKA 1=Canna 2=Wnn 3=SKK 4=Anthy 5=PRIME 6=none  (1..6, [Enter]=1)
[答] 1

最後に
IKA NI SHIMESU package WO install SHITE KUDASAI.
canna, ja-trans, manpages-ja, jless, egg, emacs21, xemacs21-mule-canna-wnn
と表示されるので、インストールします。

質問についてはデフォルトのままで。

$ su -
# apt-get install canna ja-trans manpages-ja jless egg emacs21 xemacs21-mule-canna-wnn

ついでに日本語が通るvimもインストール。

# apt-get install vim

5.ftp/telnetを止めてsshを使用できるようにする。

# apt-get install ssh

以下の質問以外はデフォルトで。
[質] Do you want /usr/lib/ssh-keysign to be installed SUID root?
[答] No

このままでは非対称鍵を使用しないとログインに失敗するようになるので以下の変更を行う。

# vi /etc/ssh/sshd_config

-----
PasswordAuthentication yes
を
PasswordAuthentication yes
に変更。
-----

# /etc/init.d/ssh restart

# vi /etc/inetd.conf
-----
telnetとftpから始まる行をコメントアウト(行頭に#をつける)
-----

# /etc/init.d/inetd restart